トピックス一覧

  1. トップページ>
  2. トピックス一覧>
  3. ICTを活用したモデル工事 現場見学会

ICTを活用したモデル工事 現場見学会

東濃西部総合庁舎、(一)土岐南多治見インター線工事現場

県土整備部技術検査課、多治見土木事務所、(株)小島土木の計らいにより、県内で先進的に行われているICT活用事例をご紹介いただきました。
座学では、岐阜県の取組事情、技術的課題について技術検査課より講演いただき、後半の現場見学では、実際の現場にてICT建機が実際にどのようなMC制御、MGが行われているのか確認させていただきました。
当分野のリーディング企業は、モデル工事が発注される数年前から着手されており、自社努力として経費的な犠牲も払って取り組まれてきている現状に刺激を受けました。
小島土木様は、丁張りレスの土工は体感レベルで約2倍の速度で進捗するとメリットを述べた一方、三次元設計データ作成は、これまでに無かった余分な仕事というデメリットを述べられました。
CIMが定着すれば、土工設計成果はLandXML1.2仕様でも納品が義務づけられるため、三次元設計データ作成は我々コンサルの課題であるとも受け止めました。
当初は半信半疑で従来のTS土工との2重管理にて検証を繰り返し、徐々にICT施工への精度的な信頼性を確認されていったとのことでした。
我々測量設計(コンサル)業もCIMを浸透させるとともに、三次元へのフロントローディングを恒常化させることが使命であることを痛感しました。



(c) Hisyu Consultant Co., Ltd. All Rights Reserved.

pagetop