トピックス一覧

  1. トップページ>
  2. トピックス一覧>
  3. ICTによる三次元舗装施工

ICTによる三次元舗装施工

高山市丹生川町地内

当社が三次元設計データを納入させていただいた現場の舗装施工に立ち会わせていただきました。
グレーダーは中側と小型の2種類がMC制御されており、制御機構はGNSSではなく自動追尾TSによるものでした。
グレーダーのブレードは、進行方向に対する向きが手動で調節可能なことは当たり前ですが、驚くべきはブレードの傾きをオペレーターが任意に調整した場合、路面の合成勾配とブレード向き変更後の仕上がり勾配調整がリアルタイムに計算処理制御されていることでした。
今回の立会によりGNSSのような計測にタイムラグのあるものでは、どのように制御されるのかが疑問となりました。
施工現場ならではの発見があるため、今後も現場リサーチに出向きたいと思います。
(c) Hisyu Consultant Co., Ltd. All Rights Reserved.

pagetop