トピックス一覧

  1. トップページ>
  2. トピックス一覧>
  3. 高山高校 防災研究報告会

高山高校 防災研究報告会

岐阜県立飛騨高山高等学校 山田校舎

 高山高校環境科学科2,3年生による防災研究報告会に参加させていただきました。
中心的な成果報告は、3年生4名から発表され、2年生7名からは次年度(H28)から継続する計画概要と現段階における構想の発表でした。
社会人からは、高山土木事務所職員、高山市役所職員、民間企業4名計6名が招かれ、報告に対する質疑、確認、意見交換を交わしました。
 3年生の活動はとてもすばらしく、岐阜県のボランティア制度であるMS(メンテナンスサポーター)の資格を高校生ながら委嘱され、一定の社会基盤ストック効果を認識した後の活動記録でした。
主な活動は、高山市内に流れる苔川と京塚谷川に架かる既設橋の基本点検(橋長15m未満、計35橋)と地域防災啓発活動として地元小中学校へ出向いた小中学生へのDIG(Disaster(災害)、Imagination(想像力)、Game)演習教育でした。
 また、高山市議会に向けても同内容の提言、意見交換を終えており、高校生とは思えない精力的な活動に感銘を受けました。
 2年生はこの夏、3年生の熱きDNAを受け継ぎ、研究発表の県大会(農業クラブ県大会)に挑戦するとのことで、是非、岐阜県代表として東海大会進出を果たしていただきたい。

(c) Hisyu Consultant Co., Ltd. All Rights Reserved.

pagetop